データの保存期間について

データの保存期間は、通常は(無料およびお友達紹介の方は)2ヶ月固定となっています。

有料プランをご契約の方は、無制限となっておりますが、無制限にした場合は、サーバーの容量を意識して頂く必要がございます。設定方法など不安な方はぜひメンバーサポートをご利用ください。

データ保存容量に制限がある理由について

QA Heatmap Analyticsのデータは、お使いのサーバーに保存されていきます。
各サーバーに依存はしますが、サーバーの容量制限を鑑み、データ保存期間を2ヶ月とし、ページ計測制限を設け、保存データ容量が飽和しないよう安全策をとっています。
有料プランをご契約中の方にはサポートもございますので、無制限とさせていただいています。

なお、ヒートマップについては、日々の運用において過去データを参照することはほぼなく、主に最新のページの状況を最新のデータで確認することが多いと思います。
そのため、多くの場合、2ヶ月の保存期間でも(有料プランでなくとも)十分にご活用いただけると考えています。

▼制限をかけた背景

覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、β版のリリース時点では、ページ計測(=保存データ容量)制限を設けずリリースしました。しかしその場合、やはり各レンタルサーバーによって、かなり早い段階でサーバーの容量制限にひっかかることが判明しました。

QAはWPのプラグインですので、全世界中のいろいろな方が使うでしょうし、サーバーも千差万別なのですが、サーバー設定には詳しくない方の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

そこでWP公式版QA Heatmap Analyticsではデータ構造を大幅に見直した上で、データ保存期間を2ヶ月、およびページ計測制限を設ける安全策を採用し、保存容量が飽和しない条件を採用しました。

これにより、「保存期間を間違えたために急にサーバーが停止した」というトラブルなく安全にQA Heatmap Analyticsをお使い頂けるようになりました。

しかし、保存期間に制限があると計測ページ数が減り、利便性が損なわれます。
そこで、サポートサービス付きの有料プランを設け、サーバー設定もサポートできるため、有料プランでは保存期間を無制限にするという方針にいたしました。

実際この形にして、サーバー設定をサポートして大容量の方にも運用いただけているので、よかったと考えております。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事