キャッシュ系プラグインとの併用

キャッシュ系プラグインでは、データの取得や記録に直接影響のある事項が多いです。
特に以下にご注意ください。

JavaScriptの圧縮や書き換えをさせない

キャッシュ系プラグインでは、勝手に JavaScriptを圧縮したり書き換えてしまうものがあります。
その場合、QAアナリティクスの計測タグがうまく稼働しなくなり、データを取得できなくなります。

キャッシュ系プラグインの設定画面で JavaScriptの圧縮(minify)や書き換えをしないように設定をお願いします。

設定例)『 WP Fastest Cache 』の場合

Example setting of WP Fastest Cache

botのアクセスとキャッシュ作成について

キャッシュ系プラグインの中には、botアクセスであってもキャッシュを作成してしまうものがあります。
一方、QAアナリティクスは botのアクセスを記録しません。
そうするとキャッシュにアクセスされている間、QAは botのアクセスだと判断し、データの計測・記録はされません。

キャッシュの有効期限の長さについて

QAアナリティクスではセキュリティ対策として nonce値というものを使用していて、24時間以上経ったキャッシュへのアクセスは計測・記録対象外となります。
キャッシュ系プラグインの設定で、キャッシュの有効期限を10時間程度にしていただくことをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事