表示が英語になる

■ プラグインを更新したら、急に一部が英語になった場合

私共がプラグインアップデートをWordPressに届け出たばかりのタイミングだと、翻訳ファイルの作成が追い付いていないことがあります。
お知らせ文にある「新バージョン公開日」と同日にプラグイン更新をされた場合は、この可能性があります。時間が経つと自動的に日本語で表示されるようになります。

■ プラグインをインストールしたばかりのとき

ワードプレス側で、ワードプレスの翻訳ファイルが読み込めていないことが原因と考えられます。
プラグイン(QAアナリティクス)側に直接の原因はありません。

● 言語設定をご確認ください

プラグインは、ワードプレスの言語設定に沿って(プラグイン翻訳ファイルが存在する場合は)翻訳変換されます。
ワードプレス管理画面>設定で、言語設定を「日本語」にしてください。
※すでに日本語になっている場合も、ワードプレスのシステム側で日本語になっていない可能性もあるようなので、改めて、日本語を選択して保存し直してみてください。

サイトの言語を新規の言語に更新した場合、テーマやプラグインの翻訳ファイルの更新が必要になる場合があります。
「ダッシュボード」の「更新」画面で「翻訳の更新」を確認することができます。利用可能な更新があれば「翻訳」欄に「※ 新しい翻訳が利用可能です。」と表示されているそうです。

▼参考サイト
WordPressの日本語化|管理画面やテーマが英語になってしまった場合の対応

※翻訳ファイルの反映には、多少時間がかかることがあります。少なくとも数分は様子を見てください。

● 言語設定を日本語にしても、ダメな場合

翻訳ファイルが wp-content/languages/plugins ディレクトリ下に存在していない可能性があります。

プラグインの再インストールをお試しいただくか、翻訳ファイルをFTPなどで直接アップロードするか、になります。

なお、もしFTPで直接プラグインをアップロードされている場合、翻訳がうまくいかない可能性が高いです。
その場合はワードプレス管理画面からのプラグインインストールをお願いいたします。
サーバー設定のご都合などでダッシュボードから更新が行えない場合は、翻訳ファイルを直接アップロードする方法もあります。

※しばらくお使いになった後、再インストールしようと一旦プラグインを削除してしまうと、それまでのデータも削除されてしまいます。データのバックアップを取ってからにするか、以下の方法で翻訳ファイルを適用してください。

また、日本語版ワードプレスでない場合、翻訳ファイルの導入がうまくいかないこともあるようです。
(参考(同上) WordPressの日本語化|管理画面やテーマが英語になってしまった場合の対応
FTPなどで、ディレクトリ内に qa-heatmap-analytics-ja.moなどの日本語ファイルが存在するか、ご確認ください。無い場合は、以下の方法で翻訳ファイルをアップロードしてください。

■ 翻訳ファイルを入手して、直接アップロードする方法

QAアナリティクスプラグインのWP翻訳サイトへ行き、画面下の「Export」から、ファイルを選んでダウンロードしてください。
(最新版は、all currentです。asの後ろでファイル選択をして、Exportをクリックします。.po/.pot ファイルと、.mo ファイルの2つがあればよいようです。)
(※WordPressのプラグイン翻訳ファイルの入手方法は、上記とは異なる方法に変更される可能性があります。)

ファイルの名前を以下に変更します。
qa-heatmap-analytics-ja.po
qa-heatmap-analytics-ja.mo

.poファイルと .moファイルの2つを、FTPなどで、 wp-content/languages/plugins ディレクトリ下にアップロードします。

▼参考 ワードプレスサポート Q&A記事(古い記事なので、若干手順内容が変更されているかもしれません。)
プラグインの翻訳ファイル入手方法について

● Googleなどで検索される場合のキーワード

検索キーワード:「Wordpress 翻訳ファイル ダウンロードされない」などをお試しください。

関連記事