Google Search Console(サーチコンソール)との連携方法

Google Search Consoleとの連携をする場合の流れです。

注意点と準備

注意点

必ずGoogle Search Consoleと紐付いているGoogleアカウント(メールアドレス)でGoogle Cloudにログインしてください。異なるメールアドレスだと連携ができません。

※Googleのサービスは頻繁に画面などが変わる可能性があります。記事中の画像と大幅に違うなどありましたら マニュアルご指摘フォーム よりご連絡ください。

準備

QAアナリティクスの「設定」→「Google」の画面を開いておいてください。「Redirect URI」を使用します。

Google Cloudの設定

1)Google Cloudを開き、プロジェクトを作成

https://console.cloud.google.com/cloud-resource-manager
にアクセスします。以下の要画面になりますので「+プロジェクト作成」をクリックしてプロジェクトを作成します。

任意の名前、組織、場所を入力し、「作成」ボタンをクリックする。プロジェクト名と場所は初期設定のものでも構いません。環境によっては「組織」の入力項目は表示されません。

2)Search ConsoleとGoogle Analytics関連のAPIを有効化

プロジェクトが作成されますので右上の3本線をクリックして「APIサービス」→「ライブラリ」を選択します。

検索窓で「search」と入力してちょっと下にスクロールすると「Google Search Console API」が表示されるのでそれをクリック。

「有効にする」をクリック。

有効になると以下の画面が表示されます。

3)OAuth 同意画面を作成

左側の「OAuth 同意画面」をクリックして「外部」を選択してから「作成」をクリック

「アプリ名」「ユーザーサポートメール」、デベロッパーの連絡先情報にある「メールアドレス」を入力して「保存して次へ」をクリック。

アプリ登録の編集画面では何も入力せずに「保存して次へ」をクリック

概要ページでは入力項目を確認し、「ダッシュボードに戻る」をクリック。

OAuth同意画面のダッシュボードに戻るので「アプリの公開」をクリックして公開ステータスを本番環境に変更します。

以下の画面が表示されたら「確認」をクリック。

4)認証情報画面にて、OAuth 2.0 クライアントIDを作成

左側の「認証情報」をクリックして画面上部にある「+認証情報を作成」をクリック。表示される「OAuthクライアントID」を選択。

アプリケーションの種類はウェブアプリケーションを選択。

「名前」に任意の名前を入力、承認済みのリダイレクト URIに準備で表示させたQAアナリティクスの画面から「Redirect URI」コピーしてはりつけ、「作成」ボタンをクリック。

「クライアントID」と「クライアントシークレット」が表示されるのでメモ帳などにコピー。

コピーを忘れた場合は認証情報のOAuth 2.0 クライアント IDから確認できます。

QAアナリティクスの設定画面に「クライアントID」と「クライアントシークレット」を入力。

翌日からSEO Analysisが表示されるようになります。

▼参考サイト
Google APIを有効にし、クライアントファイルをダウンロードする。

▼Google Cloudドキュメント
Google Cloud の概要
・Google Cloud > Resource Manager > プロジェクトの作成と管理

関連記事