Google API連携の連携方法

Google Search Console、Google アナリティクスなどデータとの連携をする場合の流れです。

Google Search ConsoleはQAアナリティクスのSEO分析に、Google アナリティクスはGoogle Analytics Data Backup by QAの連携に利用します。

基本的な設定方法は同じで選択するAPIが異なるだけです。

  1. 注意点と準備
  2. Google Cloudの設定
    1) Google Cloudを開き、プロジェクトを作成
    2) Search ConsoleとGoogle Analytics関連のAPIを有効化
    3) OAuth 同意画面を作成
    4) 認証情報画面にて、OAuth 2.0 クライアントIDを作成
  3. QAアナリティクスもしくはGoogle Analytics Data Backup by QAの設定

1. 注意点と準備

QAアナリティクスおよびGoogle Analytics Data Backup by QAの推奨ブラウザは、いずれもGoogle Chromeです。
Google Chrome以外のブラウザ(Safari / Firefox / Edge 等)は、不具合が生じる可能性があります。

注意点

必ず見たいデータ(Google Search Console、Google アナリティクス)と紐付いているGoogleアカウント(メールアドレス)でGoogle Cloudにログインしてください。異なるメールアドレスだと連携ができません。

※Googleのサービスは頻繁に画面などが変わる可能性があります。記事中の画像と大幅に違うなどありましたら マニュアルご指摘フォーム よりご連絡ください。

準備

QAアナリティクスの「設定」→「Google」の画面を開いておいてください。「リダイレクト URI」を使用します。

Google Analytics Data Backup by QAでは設定途中に表示されます。

2. Google Cloudの設定

1)Google Cloudを開き、プロジェクトを作成

https://console.cloud.google.com/cloud-resource-manager
にアクセスします。以下画面になりますので「+プロジェクト作成」をクリックしてプロジェクトを作成します。

任意の名前、組織、場所を入力し、「作成」ボタンをクリックする。プロジェクト名と場所は初期設定のものでも構いません。環境によっては「組織」の入力項目は表示されません。

2)Search ConsoleとGoogle Analytics関連のAPIを有効化

プロジェクトが作成されますので右上の3本線をクリックして「APIサービス」→「ライブラリ」を選択します。

QAアナリティクス「SEO分析」のためGoogle Search Consoleと連携する場合

検索窓で「search console」と入力し検索。
「Google Search Console API」が表示されるのでそれをクリック。

Google Analytics Data Backup by QAとGoogle アナリティクスを連携する場合

検索窓で「google analytics」と入力し検索。
Google Analytics Data Backup by QAと連携するAPIは、「Google Analytics Reporting API」と「Google Analytics API」の2つです。
2つのAPIをそれぞれクリックして「有効にする」を選択します。

「有効にする」をクリック。

有効になると以下の画面が表示されます。

3)OAuth 同意画面を作成

左側の「OAuth 同意画面」をクリックして「外部」を選択してから「作成」をクリック

「アプリ名」「ユーザーサポートメール」、デベロッパーの連絡先情報にある「メールアドレス」を入力して「保存して次へ」をクリック。

【入力例】
アプリ名:
任意の名前で構いません。ex. Google Analytics Data Backup by QA など
ユーザーサポートメール:
枠右▼よりプルダウンで自分のメールアドレスを選択。
デベロッパーの連絡先情報:
Googleからのお知らせが届きます。どのメールアドレスでもいいので自分のアドレスを入力します。

スコープ画面では何も入力せずに「保存して次へ」をクリック

テストユーザー画面では何も入力せずに「保存して次へ」をクリック

概要ページでは入力項目を確認し、「ダッシュボードに戻る」をクリック。

OAuth同意画面のダッシュボードに戻るので「アプリの公開」をクリックして公開ステータスを本番環境に変更します。

以下の画面が表示されたら「確認」をクリック。

4)認証情報画面にて、OAuth 2.0 クライアントIDを作成

左側の「認証情報」をクリックして画面上部にある「+認証情報を作成」をクリック。表示される「OAuthクライアントID」を選択。

アプリケーションの種類はウェブアプリケーションを選択。

「名前」には、任意の名前を入力します。
「承認済みのリダイレクト URI」では、「+URIを追加」をクリックし、上記準備で表示させたQAアナリティクスもしくはGoogle Analytics Data Backup by QAの設定画面から「リダイレクト URI」をコピーして貼り付けます。
「作成」ボタンをクリック。

「クライアントID」と「クライアントシークレット」が表示されるのでメモ帳などにコピー。

コピーを忘れた場合は認証情報のOAuth 2.0 クライアント IDから確認できます。

3. QAアナリティクスもしくはGoogle Analytics Data Backup by QAの設定

QAアナリティクスもしくはGoogle Analytics Data Backup by QAの設定画面に、コピーした「クライアントID」と「クライアントシークレット」を入力。

QAアナリティクス→設定→Google

Google Analytics Data Backup by QA→ダウンロード設定下部

翌日からデータの取得が開始されます。

▼参考サイト
Google APIを有効にし、クライアントファイルをダウンロードする。

▼Google Cloudドキュメント
Google Cloud の概要
・Google Cloud > Resource Manager > プロジェクトの作成と管理

Related Articles