Google AnalyticsとQAの値が大きく違う

GoogleアナリティクスとQA Heatmap Analyticsはデータ収集方法が違いますので、おおよそのアクセス数はあいますが、完全に一致するということはほとんどありません。多くの場合でQAの方が値が小さくなります。
(詳しい計測仕様の違いはQA Heatmap AnalyticsとGoogleアナリティクスの違いをご覧ください。)

しかし、値が大きく違う場合、計測がうまくいっていない可能性があります。

QAアナリティクスの数値が少ない場合

アクセス数が大きく違い、特にQA側の数値が少ない場合、計測に不備があることが多く、特にJavaScriptのエラーが発生している場合があります。(スマホのデータがなければ、スマホの表示時にエラーが発生している可能性があります)

サイト環境との調整をご参照ください。

アクセス数が少ない場合は、こちらの記事もご覧ください。

QAアナリティクスの数値が異様に多い場合

PHPのバグにより、QAアナリティクスが正しく計測できていなかった期間があります。
特にPHP7.4で見つかっているバグです。(それ以前にもあったという情報も見られます。)PHPのバージョンをご確認ください。

このバグには、version 3.2.0.0から適応し、正常にデータ計測ができるようになっています。
プラグインバージョンがそれより古い場合は、更新してください。更新後は正しくデータを記録していきます。

関連記事