ヒートマップ管理(イベント計測ページの設定はこちら)

※以下、ver0.8の画面です。

ヒートマップ管理画面では、ヒートマップの管理、および閲覧ができます。
また、「ヒートマップ計測ページ=イベントデータを計測するページ」となっています。イベントデータを取得したいページを、ここで選択設定します。

各項目の説明

  1. タイトルで検索し、任意のページを表示することができます。
  2. 記事のタイトルが表示されます。クリックするとその記事が確認できます。
  3. 各デバイスのアイコンを押すと、該当デバイスのヒートマップビューが開きます。ヒートマップビューではそのページのクリックヒートマップやクリックカウントマップなどを確認できます。
    ()内の数字は、保存されているデータ数です。下記の④でご説明するバージョンごとにわけて保存されています。
  4. QA Analyticsでは、各ページのバージョンを保存することができます。
    ページを改善すれば、ページの内容がかわりますので、ユーザーの行動パターンも変わります。したがって、ページを更新した時にバージョン切替ボタンを押すと、改善前と改善後のページをわけて保存しますので、どのように改善されたかがわかりやすくなります。
  5. ヒートマップデータ(=イベントデータ)を計測する対象のページをチェックボックスから選びます。

「全ページでヒートマップ・録画再生」オプションご利用の場合

下記のように右上にある「新規投稿記事も含めて全ページを自動で計測する」にチェックが入り、「全ページ計測中」と赤く表示されます。(もし個別指定したい場合は、チェックを外し、個々のページにチェックを入れてください。)

※オプションについて、詳しくは ⇒ QA公式 機能・プラン へ。

関連記事